結婚式場の下見する時の注意点

このサイトでは、結婚式場を下見する時に見るべきポイントについて詳しく紹介していきます。
自分が理想とする結婚式をつくるためには、会場選びもとても大切となります。
自分がしたい演出を満足いくまでするためにも、見学をする時には実現可能なのかを含めていくつかのチェックポイントをしっかりおさえて自分の目で確認するということはもちろん、その場で色々と質問して疑問を解消しておくというのも大切なポイントとなってきます。

結婚式場の下見のポイント

結婚式場の下見のポイント 一生に一度の結婚式には、たくさんの憧れを抱きますよね。
どんな式にしたいのかどういう演出がしたいのか、そしてどんなドレスを着たいのかなど、色々と理想はあるとおもいますが、それをすべて実現するためには結婚式場選びがとても大切になります。
いくら理想を抱いていても結婚式場によってはそれが不可能であることもありますし、やれることが制限される可能性もあります。
自分の実現したいことを全部して満足のいく式にするためにも、まずは下見でそれを確認するのが大切です。
ただ会場を見てくるだけでなく、下見をする時にはいくつかポイントをおさえておくと、より理想に近い会場選びをすることが出来るので、下見の前には何を見てくるのかを確認しておきましょう。

結婚式場を下見する際のチェックポイントとは

結婚式場を下見する際のチェックポイントとは 結婚式場選びはとても重要です。
人気があるからといって、自分たちの結婚式に相応しいとは限りませんので、候補をいくつか挙げて、じっくり下見をすることをおすすめします。
下見をする際のチェックポイントは、「立地」「広さ」「対応している式のスタイル」「費用」など、色々あります。
優先順位を付けながら自分たちが理想としている結婚式に合わせて、それを最も叶えてくれる結婚式場を選ぶことが大切です。
立地については、参列者が集まりやすいところを優先して選ぶ場合が多いと思いますが、リゾートウェディングのように集まりやすさよりも周囲の環境を優先する選び方もあります。
参列者が限定される場合にはこのような選び方も良いと思われます。
広さについては、参列者を収容することができなければ、どれほど素晴らしい式場でも利用することができません。
式だけでなく、披露宴会場も含めて要チェックです。
式のスタイルは、主にチャペル式・神道式・仏式・人前式などがあります。
すべてにパーフェクトに対応しているところは少ないので、自分たちが行いたい式のスタイルを最優先している式場を選ぶと良いでしょう。
最後に費用ですが、式場の費用は参列者の数(披露宴)によって左右されることが多いので、トータルで考えていく必要があります。

結婚式場ごとに異なるチャペルの特徴や魅力

結婚式を洋風に行いたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。そのような場合に選ばれることが多いのは、キリスト教式のチャペルです。多くの結婚式場にはもちろん用意されていて、宗教儀式のあるキリスト教式や宗教儀式をしない人前式が出来るのが一般的となっています。
チャペルはどれも同じではなく、それぞれの結婚式場によってスペースの広さや雰囲気に違いがあるので自分たちの結婚式に合うものを選ぶことが大切です。例えば天井が高く大きなステンドグラスが飾られているところや、長いバージンロードがあるところは荘厳な雰囲気を醸し出している場合が少なくありません。そのようなところでは、カジュアルな雰囲気の挙式はあまりに合わないことが考えられます。また天井が低めで小さな規模のところは、アットホームな挙式に向いています。しかし長いトレーンやボリュームのあるウェディングドレスを着たい場合には、あまり向いているとは言えません。

結婚式場に引き出物の持ち込みが可能か聞いてみよう

結婚式場によって、提案される引き出物には違いがあります。
式場それぞれがこだわりを持って選んでいる品物ですし、提携しているお店がそれぞれ違うためです。これから式を挙げようと思っている結婚式場に、自分たちが思うような引き出物がない場合や、自分たちがこだわりを持ってゲストに贈りたいと思う品物がある場合は、結婚式場に持ち込みが出来るか確認をしてみましょう。
式場によっては、持ち込みをしてもいいけれど持ち込み料金を支払わなければならないというところもありますし、全くお金はかからず自分たちで用意したものを持ち込んでもらっていいというところもあります。また、そもそも持ち込みは許可できないという場合もありますので、とりあえず聞いてみましょう。
結婚式は一生に一度のことですし、ゲストに喜んでもらえるような自分たちの気持ちが伝わる品物を贈りたいというのは、同然の気持ちです。後悔を残さず素敵な結婚式になるよう、担当プランナーに相談してみるのがおすすめです。

結婚式場のスタッフの笑顔を確認しておこう

結婚式場を利用するなら、スタッフのサービスをチェックしておくとよいです。十分なサービスを提供してくれれば、利用した時に不快に感じることがありません。逆に利用してよかったと本心から思うことができるでしょう。チェックするときには、きちんと挨拶を行うことができるのか確認しておくとよいです。人として基本的なことですが、大きな声で挨拶を行うことができれば、それだけで印象もよくなってきます。
挨拶とともに、笑顔を大事にしていれば、たくさんの人たちを幸せにすることもできます。笑顔が素敵なスタッフだとつられて笑顔になってきますし、困ったことがあったときにも気軽に相談しやすいです。相談することができれば、問題を早期に解決させることができ、順調に式を挙げることが可能になってきます。結婚式場を選ぶときには、そこで働いている人たちのことをチェックしてみましょう。細かくチェックしてみることで、利用した時の満足度も高くなります。

結婚式場を選ぶときにはブライダルフェアに行ってみよう

結婚式をすることが決まって、結婚式場を探しているというカップルもいるのではないでしょうか。そのようなときにはインターネットや雑誌で情報収集するのがお勧めですが、気になる会場が見つかったときには式場で行われているブライダルフェアに参加するのがお勧めです。
トータルフェアや演出体験、試着・装飾の見学など様々なフェアが行われているので、興味のあるテーマのイベントに参加すると結婚式場を決める際に役に立つ可能性があります。もしあまり結婚式に参加したことがないのなら、トータルフェアを選ぶことをおすすめします。挙式・披露宴の流れがわかり、参考になるはずです。料理の味を確認したいときには、試食体験フェアを選ぶと良いでしょう。その結婚式場で提供される料理の試食をすることができるので、味やサービスをチェックすることができます。ブライダルフェアは一般的に土日に行われることが多いですが、平日の夕方から行われるフェアもあります。

ゲストハウスウェディングの内容と魅力について

ゲストハウスウェディングというのは、おしゃれな外観の邸宅で行う結婚式のことです。日本にいながら海外の雰囲気を演出できるのが魅力で、人気となっているのはカリフォルニア風やヨーロッパ風の建物です。
新郎新婦をはじめゲストの人たちも非日常感が味わえ、あらゆるスポットで写真映えします。建物の外観・庭園・内装が素敵なため、それに合わせたコンセプトのウェディングが可能です。
プール付きの施設もあり、雰囲気作りのバリエーションも豊富にあります。自由度が高いので、ふたりだけのオリジナルウェディングが叶い、ゲストにも楽しんでもらうことが出来ます。気になる費用については、このウェディングの最も多い価格帯は301?400万円です。一般的な式場で行う結婚式に比べると高い傾向にあります。ゲスト数は60名以上が全体の6割を占め、邸宅を貸切るだけにある程度の人数を招いて行っていることがわかります。一軒家であればプライベート空間に招く雰囲気になり、ゲストハウスの魅力あふれる結婚式となります。

おすすめの結婚式情報サイト

大阪のおすすめの結婚式場

新着情報

◎2021/4/15

結婚式場の賢い探し方
の情報を更新しました。

◎2020/12/7

結婚式場の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

下見をしてからプランを作成
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

招待客の満足度をあげるには
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 下見」
に関連するツイート
Twitter